護あさな プロフィール Profile

護あさな

護あさな

【生年月日】5月4日
【出身地】東京都
【特技】クラシックバレエ
【趣味】料理・音楽鑑賞

 

このブログは、護あさなが色々なアーティストやクリエイターの方とお会いし、コラ ボレーションしていく記録です。

関連リンク Link

 

≪第六回≫

さぁ!第六回目にしてやっと、でもちょっとだけ、コラボってみましょうか!

 

のぶみ:一緒に絵を描いてみてもいいですか?っていうのがあるけど、書いてみても良いですよ、ぜんぜん(笑)

 

護:いいんですか!?

 

のぶみ:絵、上手なんですよね。昨日ブログで描いていたやつ見ました。

 

護:昨日のですか!えー!(インタビューは105日に行われました!)

 

のぶみ:…でも、ネガティブだっていうのを人に言えるのは強いんだよな。太宰治とか、「人間失格」とか凄いネガティブなものをずっと書いているけど、あれって強いから書けるんだよね。まあ、あんな人生送るのは嫌だと思うけどな(笑)。できたらもうちょっと楽しく生きたいな。


護:確かにそうですね。

…なんか、会うと思ったら昨日寝れなくて。緊張するんですよ。

 

のぶみ:僕も緊張しますよ。だって、ちょっと吐きそうになってました(笑)。緊張すると吐きそうになるんです。それは、登校拒否の時に身に付いたんです(笑)


P1012503.JPG


護:楽しい事がある前は、「あ”ー」ってなって、寝れなくなるんです。でも、こういうブログで描いていた絵を描くと楽しくて仕方が無くて、発散されるんです。

 

のぶみ:上手だね。「あ”ー」ってなるんだ。分からないもんだよね。これだけ美人だったら、何の悩みもねえだろうなって思うのにね。みんなそうなんですよ。「生まれつき明るいんです」っていう人もいるんだけど、僕はあんまりそういう人とは話が合わないんだよね。生まれつきってどういうことだろうって。色々あるから解決方法を考えるんですよね。そのほうが面白い気がするんだよな。

・・・これ、何描くんだろう?サイン会とかだと、こうやって見て、「何歳?」とか聞いて、「指でできる?」とかいうと出来ない(笑)。話しながらこうやって、似顔絵を描いたりするんですけどね。


P1012501.jpg

 

護:迷いが無いですね、やっぱり。

 

のぶみ:でもね、ちょっとね、あれですよ。カッコつけてるところがある。

 

護:ふふふ(笑)

 

のぶみ:でもすごいしゃべりやすい方ですね。

 

護:えー!?

 

のぶみ:なんかあのー、怖い感じだったらどうしようかなと思ってました。「何!、あなた」みたいな(笑)。「誰に呼ばれたの!私呼んでないけど!」とか言われたらどうしようかなと思っちゃって(笑)

 

護:実は「暴走族、絵本作家になる」を、会社の社長に勧められて、借りて読んだんです。すみません。でも、気づいたら30分で読んじゃいました。すごくおもしろかったです。そして、のぶみさんとお会いてみたいなって。

 

のぶみ:ああ良かった。人って面白くてためになるものだったら興味ありますからね。

 

護:この世界とか、良い人しかいないんです。自分が好きになる要素を持っている人しかいないから多分、社交的になったり、いい人になれるような気がするっていうか、いい人になりたくなるっていうか。そういう人がいるから、この仕事ができているのかなって思います。まだ出来てもいないですけど(笑)。

 

のぶみ:はあー。へえー。周りの人に愛されて。

 

護:私も実は、のぶみさん怖かったらどうしようって思ってました(笑)。

 

のぶみ:手相占いの人も、僕の手相を見ると、「あなたの人生は若い頃と真逆の人生を歩んでいますよ」って言われるんです。生命線がおかしいんですって。こっちに行っていたら、別の人生歩んでるのに、こっちに行っているから良くなってるって。それは奥さんに出会ったときから、ずっとそうなってるんですよ。でも、負けん気でいう訳ではないですけど、多分僕のほうがネガティブだと思います(笑)。ネガティブのプロなんじゃないかと思うくらい。プロくらいまで極めると、「ああ、君のそれはあれだね」って分かるようになる(笑)。僕のミクシィを3900人くらい見ている人がいるんですけど、毎日人生相談が来ます。ずっとやってるから。

自分のネガティブがなかったら、ずっと生まれつきポジティブだったら分かんないですよ。それが武器なんです。今度、「自己啓発ファン」ていう本を出そうかと思っていて(笑)。芸能界の人もそれが売りになるかもしれないですよ。ただし、ルールがあって、ある物を持ってなくちゃ駄目なんですよね。例えば僕が「グリとグラ」よりちょっといいものを書くとするじゃないですか。でも、「ぐりとぐら」のほうが売れるんです。それは、「お初」のパワーなんです。ネガティブな人ってあんまりテレビ出てないからね。それを明るく伝えたらヘンな人だから面白くなるかもね(笑)。

 

護:ネガティブの集いとかしたらどうなるんでしょうね。「善と悪は裏返し」みたいに、ネガティブも裏返しなので、「くるん」っていくと、「えっ、こいつこんなに元気じゃん!」ってなるかもしれない(笑)。

 

のぶみ:ネガティブはひがむからね(笑)いろんなことに、ちょいとしたことにひがむからね。

 

編集・くまもと:でも、ネガティブな人って、「がんばり屋さん」だと思うんです。「自分は駄目だ」とか「もっと良くなりたい」って、向上心があるからネガティブなんじゃないかと。

 

のぶみ:そうですね、向上心はすごくありますね。

 

護:がんばり屋さんですって。どうしましょう。その言葉いいかもしれないです。

 

のぶみ:「私、がんばり屋さんです!」っていうグラビアの人、応援したいね(笑)。

 

護:それ、すごくいい褒め言葉ですよね。「頑張れ」って言われると、「いや、十分頑張ってるから」って思ってしまう。

 

編集・くまもと:「私は天真爛漫で明るくて」とかいっている人は、割ともう「これでいい」って思っている感じがするけど、「今のままでは駄目だ」っていう人のほうが伸びしろがあるから、ぐいーんっていくんじゃないかな。

 

護:いいですね。すばらしい言葉をきけてうれしい。うわ〜ん。

 

のぶみ:明るいんだけどな。すごく明るい。何か幸せそうな感じがしますよ。幸せではないんですか?

 

護:幸せですよ(笑)。

 

のぶみ:「幸せじゃないんです!」って言う人はいないよな。

 

 

-----------------------------------------

絵本作家のぶみさんのプロフィール

S 5344日生まれ
『ぼくとなべお』(講談社)でデビュー

代表作に、『しんかんくん』シリーズ(あかね書房)、『おひめさまようちえん』シリーズ(絵本の杜)、『ぼく、仮面ライダーになる!』シリーズ(講談社)など。

アニメ『ぼくのともだち』(NHKおかあさんといっしょ)を手がける。
現在、NHKみいつけた!で『おててえほん』(アニメを担当)放送中。

自伝『暴走族、絵本作家になる』(ワニプラス)が発売中。

感想を送る